最新医療と健康の関係

最新医療と健康の関係

健康はストレスの無い生活によって得られます

健康に気を使っているというのはその言葉が示すよりもずっと体に悪い状況です。
自分で自分の体は調子が悪いのではないか、どこかにできものでもできていないだろうかと不安になり、そのことばかり考えて生活を送ってしまうとそうした心配とは別の病気になってしまう事になるでしょう。

 

そのため、まずは病院で検査を受け、どこにも異常は無い、またはどこそこに悪いものがあることを知り、そうしたからだの事情にあわせてしっかりとした生活を送ることで健康を得ることができるようになります。
そのためには無理な食事制限をしたり、無謀な運動をしたり、雨が降っていてもジョギングをしてしまうようなことはせず、ほどほどに食事をとり軽い運動をし、早寝早起きを心がけていればたいていの病気にはかかりにくくなりますし、かかってしまっても治りは早くなり、医者に通う必要もありません。

 

食事は普通に野菜を両手で山盛り分の野菜を毎日食べればまず栄養が偏ってしまうことは無く、食べられないならば食べやすく料理するかその野菜をミキサーにかけて野菜ジュースにし、飲み下してしまえばいいのです。
運動もジムに通ったりスポーツを始めたり、ジョギングをするまでも無く、ただ少し遠くまで歩くようにすれば十分な運動になります。

 

健康を追求して不健康になってしまう、健康の為ならば体を壊してもいいというような本末転倒なことになってしまう方がじつに多いのですが、それというのもやはり過酷でなければならない、しっかりと本気にならなくてはいけないという価値観が蔓延してしまっているのが大きな要因です。
気楽に健康になりたいというとすごい勢いで責め立てられ、やれ怠け者だの卑劣漢だのとなぜそこまで怒り出すのかという人が目上の人などに多いですが、そういったご忠告は無視すべきでしょう。

 

健康は気楽に得られるものなのです。
極端に太った人がダイエットをしたり、大怪我や病気のリハビリをするのならばそれは大変なことですが、特にどこも悪くない人がそうした大変な人達を見習う必要は一切ありません。

 

しっかりと普段の生活に組み込み、ほんの少し遠くまで歩いて買い物に行く、少し野菜を多く食べよう、早く寝よう、といったことをするだけで十分に健康な体を得ることができるのです。

 

難しく、真剣になる必要はどこにもありません。
とにかく自分のペースで、周囲のおかしなペースに惑わされずに気楽な健康をこころがけましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ